忍者ブログ

四万温泉叶屋旅館 オフィシャル裏blog

※このブログは叶屋旅館とは一切関係ありませんアルよ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ステイツ在住の17歳少年とチャットをしたときのお話

僕:「おいすー^^」
外:「こんばんわ」
僕:「あ、ちなみに俺ホモじゃないから」
外:「なぜそんな話をする」
僕:「たまにいるんだよな。話が盛り上がってから『おまえホモじゃねーのかよ!』ってキレる奴」
外:「冗談だろ」
僕:「おう冗談だ」
外:「ところで」
僕:「ん?」
外:「俺の日本語おかしくないか?」
僕:「お前はなにを言っているんだ」
外:「じつは俺、日本人じゃないんだ」
僕:「???」
外:「アメリカからだ」
僕:「ヒュー、日本人かと思ったぜ」
外:「冗談だろ」
僕:「いやこれはマジだわ。どこで習ったんだ」
外:「独学だ」
僕:「なんだって?」
外:「日本のアニメとか漫画とか、あとゲームとかで覚えた」
僕:「こいつ……天才か……」
外:「普通だ。日本語に興味があればみんな覚えられる」
僕:「そういうもんかな。ていうか向こうでも日本のアニメやゲームが手に入るんだ」
外:「torrentがあるからな」
僕:「ですよねー」
僕:「どんなゲームが好き?」
外:「子供のころ、tales of symphoniaをサルみたいにやった。だからtalesシリーズには思い入れがあるんだ」
僕:「テイルズかー」
外:「でもこっちで販売されてないタイトルも多い。tales of xilliaとか」
僕:「そこでトレント様の出番ってわけか」
外:「いや、これはこの前秋葉原行ったときに普通に買った」
僕:「わざわざ買いに行ったのかよ!」
外:「ところで」
僕:「ん?」
外:「日本ではダウンロード禁止法が成立するらしいけど」
僕:「みたいだな。まぁ所詮ザルだから君たちがアニメ落とす程度には差し支えないと思うぞ」
外:「おおー良かった」
僕:「ホントはあんまり良くないことなんだけどな」
外:「? ダメなのか?」
僕:「いや、あー……なんて言ったらいいものか……」
PR

叶屋旅館に届いたファンレターをご紹介

【メール内容】
花咲くいろはちゃんのコスプレして館内で撮影とかしてもいいですか?

【叶屋旅館】

お客様の服装に関しましては公序良俗に反しない限り自由でございます。
いろはちゃんでもヘルベチア共和国の軍服でも段ボールガンダムでもOKでございます。
ですが、叶屋旅館で本当にいいんですか?





【メール内容】
死ね!!

【叶屋旅館】
学校でいじめにでも遭ったんですか?
大丈夫。叶屋旅館にお任せです。
とりあえず空手か柔道でもやっとけばいじめられることはありませんよ。
いじめをするようなクズは、反撃してこない弱者しか狙いません。 子猫とか、サービス業とか。





【メール内容】
ネットで叶屋旅館を知って、鳥取から泊まりに行きたくなりました。

【叶屋旅館】
本当にありがとうございます、光栄の極みでございます。
お越しの際は精一杯サービスさせて頂きます。



【メール内容】
絶対に許さんぞ!!

【叶屋旅館】
リアルで嫌なことがあり過ぎてイライラしてるんですね、分かります。
メールフォームで鯖と名前を教えてくれればFEZで相手してあげますよ。





【メール内容】
「やったねたえちゃん!」ってなんですか?

【叶屋旅館】
直筆のお手紙をありがとうございます。
とても嬉しかったです。

                   /::::::::::: i::::::::: |:::::::: ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ  
                   イ:::::i:::::::ハ::::::::: ヾ:::: |:::\:::ハ::::| :::::::::::::::::::::::\  
                   |::|::::l:::!:::/ \:::::: ヾ:::|::::::::| ::i::::1::リ:::: |: i:::::::::::::ゝ 
 __                |::|::::|:::l::ハ|_ ヾ ::::::| ヽィ::::j/=、|::::::|::::7: /:::i::::| ____ 
     \ :'´⌒ヽ         |::ハ:::V:::| イ⌒゙`\:i リ \|ノ 弋_フノ /:::/: / 
      |i   " )_,,, _     l:ゝ::.\::i〃⌒゙ヽ  〃⌒゙ヾ //::) | 'ハ::::: | 
 た や |i         ヽ   | ト/人7} 〃〃    〃〃´ ∠イr 'ちノ::::: |  ふ 家  
 え っ  |i      / ・ i     イ:リ::::|    '、        |:::::rイ:::::::: |  え 族 
 ち た  |i          t    / i:::::ハ    r‐--ー、     /ハi!:::::::::::::::: |  る が 
 ゃ ね  |i         〃 ●   ハ::::::: \   .イ_ _,,ツ  イ/'/:::::::::::::. <  よ 
 ん    |i   r一 ヽ      )  /i::ハi::::i:::::>,, ___ _,, ´ /,,ハ/|/:::ii:::::::: |  !! 
 !    |i   |   i   ∀"    "  ̄ ̄     ト、  //ヽ  ̄" ̄  | 
        |i   |    i   ノi            ノ:r j       :ア` …‐: | 
       |i ニ|   |二二◎        __,..'| /        /   :::: | 
       |i  i    i   ヽ      __,,:'´   t/       /    :: | 
       li           }    ,_:'´     {    ,,___ /     ,,/i \____ 
       |i           |  /j\    _:ヘ:ニヽ,,,/_,,    , /:::j      j 
  __ /          / ⌒`)⌒) i:::::ヽ::`r‐'___ `   ヽ ,,:_,,_,,/:::::ノ"ノシ    〃 
      ,ノ フr フ   メ   / ノ  ゝ:::::: ゝ- 、 ヽ     |::::::::::::::::::::ソ /     ./ 

近くに異性がいても男とばかり喋っている僕

タイトルの通りですが、僕は決してホモではありません。

ですが何故でしょうか。
式帰りにキャバクラに行って、隣に綺麗に着飾った夜の蝶がいるというのに、先輩とばかり喋っていました。

「いやぁ先輩がいつも俺に電話くれてるからこそ、四万でぼっちになってないんですよ? ホント感謝してますよー」
「よ、よせよ。俺はただ、後輩の面倒見なくちゃって義務感あるからやってるだけであって……」
「お! ツンデレですか!? 先輩ツンデレなんスか!?」
「へぇ~、なんかいい先輩後輩ってかんじだねぇ~(きゃぴっ☆)」
「……(チッ)」

繰り返しになりますが、僕は決してホモではありません。

でも何故でしょうか。
異性に好かれようとしているオーラを出してる女の子よりも、身近な同性と仲良くしたいって気持ちのほうが強いんですよね。
オンラインゲーム中のVCでも、

「氷皿♀ですっ! よろしくおねがいしま~すっ☆(アニメ声)」
「あーはいはい。じゃあしげるは大剣な。俺鰤やっから」
「お、おう」
「よっしゃ。バッシュ入れっから追撃頼むわ」
「え~? じゃあわたしは援護に回りますね~☆」
「……(チッ)」

何度も言いますが、僕は本当にホモではありません。







琉姫アルナさん所属ALVIENの1stアルバム

叶屋旅館オフィシャルHPでもお馴染みの神曲『双鳴夜』の作曲者・琉姫アルナさん。
敬虔なる叶屋フリークスである皆さんならもうご存知とは思いますが、
その琉姫アルナさんが所属する団体・ALVINEが4月30日に開かれる同人音楽即売会M3にて、
1stALBUM「 ALV-01 」を頒布されます。




まぁなにが言いたいのかというと、宣伝です。

僕も会場に行ってヲタ波に揉まれながら列に並んで買いに走りたいのですが、
あいにく4月30日はゴールデンウィーク。

悔しいっ・・・!

こんな時にっ・・・!

でも通販で手に入れちゃうっ・・・!

興味のある方は僕の代わりにM3行って僕の分も買ってきてください。
お礼にゲーセンで取ってきた萌え系フィギュアを2~3体あげますから。

地獄の文化財防火デー

今年もこの日がやってきました。
文化財防火デー。
どっかのバカが冬のクソ寒い日に文化財で焚き火をしやがったせいで出来た
「クソ寒いけど消防団で訓練しようよ^^v」という
人を人とも思わない鬼畜の所業としか言えない消防特有の記念日なのです。

この糞イベントで最も殺意を向けたくなるのは他でもありません。

長靴です。

消防団員はどんなに寒くても
糞天下りの糞メーカーが作ったビーチサンダル並の防寒性を誇る長靴を履くことを
強いられているんだ!!

それも相まって寒空の下で空気が読めない偉いさんの

「え~~~~、本日は皆さんありがとうございます。
 この文化財はそもそも慶長何年に大工の田中さんが―――」

というどーでもいい薀蓄を聞かされるオマケ付き。
もう寒過ぎて「お前が物知りなのは分かったから続きはキャバ嬢相手にでも話しててくれ」と
思わず言いたくなるレベルの苦行!!

しかし、それを乗り越えた後に待っているのはあすなろのカツ弁当の味はもう格別です。
久しぶりに人間らしい食事にありつけました……
これは……ありがたい……

あすなろさん、ありがとうございます!!
滅茶苦茶美味しかったです!!

カウンター

田舎者はAmazonさんがいないと死にます

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お天気情報

バーコード

メールフォーム

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright © 四万温泉叶屋旅館 オフィシャル裏blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]