忍者ブログ

四万温泉叶屋旅館 オフィシャル裏blog

※このブログは叶屋旅館とは一切関係ありませんアルよ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水位が下がった冬の四万湖を散策してから紅茶を飲んだお話

もし、近所のダムや池の水が少なくなった時、皆さんはどう思いますか?

「なんで水が少ないんだろう…」

 違う!
 確かに疑問に思いますけど、そんなこと知っても全然ハチャメチャが押し寄せて来ません!

「見に行きたい」

 結構いい線行ってます!
 確かに物見遊山するにはこのタイミングしかありませんよね!
 普段湖底にあるモノが白日の下に晒されているわけですから、見に行きたくなるのは道理!
 でもまだ甘い! もうひと押し欲しい!

「冬の渇水ダム湖を見に行って、そこで優雅なティータイムを満喫したい」

 More than bestな回答ですね。
 普段見ることが出来ないダム湖の底を散策しつつ、吹きさらしの寒空で暖かいお茶を飲む!
 極上めちゃモテムーブとしか言いようがありません。



 こんな酔狂な動機に賛同し、僕のもとに集ったZ戦士の数……なんと!!




































 1名!!!!





 四万温泉で3本の指に入る四万湖フリーク・中世館若旦那の中路君が「我こそは!」と立ち上がってくれました!


 ありがとう!!
 本当にありがとう!!!

 ぶっちゃけこんな奇行ひとりじゃ絶対出来なかったよ!!



 というわけで実現した中路君と征く冬の四万湖散歩ツアーwith僕。

 まずはティータイム用の水からこだわっていきましょう。





 四万温泉のみんなは知ってるね?
 なので説明は不要!
 銀と等しい価値の泉なのでその名が付いた銀泉から天然水を汲み、いざ四万湖へ!!






 渇水の合流。
 ルアー釣りから吸い込みまで幅広く人気を集めるポイントですね。
 湖底はフカフカで石も少なめなので根掛かりは少なそうですが、それでも鯉釣り用の仕掛けをふたつほど回収しました。





 コンクリートブロック付近。
 ここは急激なかけあがりで足場もいいので釣りやすいのかな? と思いきやかけあがり付近は大きな石が多くて根掛かり多発地点なんですよね。
 この地点でスプーン1点を回収。



 塗装がかなり傷んでいますね。
 中路君が持ち帰って改修するそうです。



 こちらはコンクリートブロックに置き去りにされていたラバージグです。
 まだ新品で状態もいいですね。ラッキー!



 流れ出し!
 いつもはここから水がジャバジャバ流れ出してルアー釣りには最高なんですが、現在はご覧の通りです。
 中路君は今シーズンここでロストしたルアーを捜索していましたが、残念ながら発見には至りませんでした。
 ちなみに僕も以前ここでラパラのCD5をロストしています。
 ぐぬぬ……!!







 いい感じに寒くなってきたところでお茶会の時間なのだわ。

 四万温泉アウトドア四天王のひとりである中路君持参の携帯ガスコンロで銀泉から汲んだ天然水を沸騰させます。
 沸騰させ……。
 ……。
 ……。

 風の強さとボンベが冷えていたこともあり、火力が安定しなかったもののなんとかカップ麺2個分と紅茶2杯分のお湯が沸きました。

 お茶はずーっと昔に横浜旅行に行った際に購入した謎の茶葉。

中路「俺、コーヒーの心得はあるけど紅茶は専門外で……」
ぼく「うん。俺はコーヒーどころか紅茶もよく分かんない」
中路「えっ」
ぼく「……とりあえず淹れよう!」

 というわけで適当に淹れた謎の紅茶を飲みます。

 うーん。深みがあって、美味しい……気がします。
 多分、これが美味しい紅茶の味……なんだと思います。
 両名とも紅茶の基準がリプトンと午後ティーだけなのでなんともいえませんが、美味しい紅茶だった気がします。

 多分。



 味はさておき、冬場の屋外で口にする暖かいものって……身体に染み渡りますね。

 次回は鍋とかやりたいですね。
 冬の四万湖畔で食べる鍋!


 うーん!
 ハチャメチャが押し寄せてきますね!!!!


PR

カウンター

田舎者はAmazonさんがいないと死にます

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

お天気情報

バーコード

メールフォーム

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright © 四万温泉叶屋旅館 オフィシャル裏blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]