忍者ブログ

四万温泉叶屋旅館 オフィシャル裏blog

※このブログは叶屋旅館とは一切関係ありませんアルよ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

聖地巡礼のお話


 梅雨時の閑散期を狙って行ってきました
 聖地巡り!
 とは言ってもホント軽ーくですけどね。

 メインはもちろんラブライブ!の聖地・神田明神!
 朝4時にこの四万を出立し、数少ない人間の友達である山田君としげる君と共に鈍行列車に揺られて着いたのは!



 上野!
 アイエエエエ!?
 ナンデ!?
 不忍池ナンデ!?

 え……だって山手線のラッシュに巻き込まれたくないし……



 というわけで上野から徒歩で神田を目指し……
「ケバブなんて干からびた肉をパサパサしたパンに挟んだだけの糞料理だろ?
 あんなの食いたいとかみたいなこと言うなよマジで」
 とか素直じゃないことを言ってるしげる君に……


 モーゼスさんのケバブ 500円 

「アゲポヨー! ケバブどーでスかーそこのイケメンのあんちゃーん!」
 と、とても素直な呼び込みをしてる外人のおじさんが作るケバブを買い、素直じゃないしげる君に食わせてみると……

「うん。ケバブもまぁ悪くないよな……うん。次も食べようぜ」
 少しだけ素直になりました。

 ケバブはお肉のジューシーさを引き立てるさわやかな酸味が印象的なエキゾチック風味のソースがたまらないお味でした。
 朝方でほとんどお客さんが居なかったので肉もソースもたっぷりオマケして貰ったおかげで
 食べてるうちに「見ろ!手が汚れてしまった!!」状態になりましたが美味しいせいか全然気になりませんでした。

 ていうかなんでピースなんしょうね。
 我ながらアホみたいな写真です。



 そこからラブライブ!の舞台になった通りを眺めつつ秋葉原まで歩き……

 

 μ'sがいつも練習で使う神田明神男坂!
 長い!
 いい大人なんだから真似して駆け上がっちゃダメですよ。

 そこを汗かきながら登り、しっかりとお参りを済ませてから……



 ブルーレイ第6巻の希ちゃんを忠実に再現!
 ホラこんなにそっくり!
 いやーいい仕事したわー
 ちなみに絵心がないので絵馬は書けませんでした。
 ていうかみんな絵馬本気で描いててスゴイ!



 そこから徒歩で御茶ノ水駅へ。
 電車に乗るためではありません。
 御茶ノ水駅前には、我が心の友しげる君の大好きなアニメ「てーきゅう」第9話の聖地……
 「豚野郎」があるのです!
 ……おい今「なにこいつ自己紹介してんの?」とか思った奴、ちょっと手ぇ上げろや。



 ホントにあるんですよ。
 あと原作通りGもいました。



 炭火焼豚 豚野郎 小豚丼480円

 濃厚でクセのない味付けに香ばしい炭火焼きの美味しい豚丼でした。
 煙モクモクでむさい男ばかりの狭苦しい店内というこの、
「男が黙って飯を胃袋にぶち込む為の場所!!」って無言で主張してるかのようなストイックさが好印象でした。
 是非とも高慢ちきで鼻持ちならないオシャレな女性と一緒に行きたいお店ですね。


 
 御茶ノ水駅から坂を下って行くと、ラブライブ!ファンでこれを知らないのはモグリと言われる名店……


 「竹むら」が見えてきます。
 もはや説明不要ですね。
 穂乃果ちゃんの実家「穂むら」のモデルになったお店です。

 この重厚な店構えからして
「おいそこの豚によく似たキモヲタ。オメーだよオメー。なに店の前でウロチョロしてんだ?あぁん?」
 というプレッシャーがビシビシと伝わってきますが……とにかく入ってみようぜぇ……

 店内は落ち着いた雰囲気の女性客ばかり。
 いかにも「ラブライブ!大好きなキモオタでーす! チェキー☆」風なのは僕達だけでした。
 もうなんていうか……ホントすいません……
 甘いの食べたらすぐ出て行くんで許してください……

 ちなみにこのお店は携帯禁止です。
 静かに甘味を楽しみましょう。


 竹むら クリームあんみつ750円

 女の人はこういうお店で一番大切にするのは雰囲気なんじゃないでしょうかね。
 古風な佇まいにこれまた当時の面影をしっかりと残した店内。
 サッと出される桜の花が浮かんだ華やかな桜茶。
 僕にはしょっぱくて口に合わなかった……お茶は美味しかったです。
 
 甘味に大切なのはバランス感なんですよね。
 甘さが無ければ甘味として意味を成さないし、かといって甘過ぎるとくどさが先行して食い詰まる。
 簡単そうに見えてこのさじ加減ってのが実は難しいんです。
 そこいくと竹むらさんはかなり絶妙。
 また食べたくなる美味しいお店でした。

 ……ただ、僕が料理の写真を撮影しようと
「あ、あのー……これの写真とってもいいですか?」
 と、聞いた時の若い女性店員さんの……


「どうぞ」(ちょっと不機嫌そうにお茶を置きながら)


(誇張抜きで本当にこんな感じで立ち去られました)


 ドMな豚にとってはご褒美過ぎる対応かもしれませんけど、
 あいにくながら僕は正真正銘のドMなので最高のご褒美でした。

 正直なところ是非ともまた行きたいです。
PR

カウンター

田舎者はAmazonさんがいないと死にます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お天気情報

バーコード

メールフォーム

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright © 四万温泉叶屋旅館 オフィシャル裏blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]