忍者ブログ

四万温泉叶屋旅館 オフィシャル裏blog

※このブログは叶屋旅館とは一切関係ありませんアルよ。

近くに異性がいても男とばかり喋っている僕
タイトルの通りですが、僕は決してホモではありません。

ですが何故でしょうか。
式帰りにキャバクラに行って、隣に綺麗に着飾った夜の蝶がいるというのに、先輩とばかり喋っていました。

「いやぁ先輩がいつも俺に電話くれてるからこそ、四万でぼっちになってないんですよ? ホント感謝してますよー」
「よ、よせよ。俺はただ、後輩の面倒見なくちゃって義務感あるからやってるだけであって……」
「お! ツンデレですか!? 先輩ツンデレなんスか!?」
「へぇ~、なんかいい先輩後輩ってかんじだねぇ~(きゃぴっ☆)」
「……(チッ)」

繰り返しになりますが、僕は決してホモではありません。

でも何故でしょうか。
異性に好かれようとしているオーラを出してる女の子よりも、身近な同性と仲良くしたいって気持ちのほうが強いんですよね。
オンラインゲーム中のVCでも、

「氷皿♀ですっ! よろしくおねがいしま~すっ☆(アニメ声)」
「あーはいはい。じゃあしげるは大剣な。俺鰤やっから」
「お、おう」
「よっしゃ。バッシュ入れっから追撃頼むわ」
「え~? じゃあわたしは援護に回りますね~☆」
「……(チッ)」

何度も言いますが、僕は本当にホモではありません。







PR

コメント